hacobell(ハコベル)は稼げるの?現役ドライバーの最高売り上げを教えます。【配送シェアリングエコノミーアプリ】

⬇このブログが聞けます⬇ドライブ中などに良いよ♪

ハコベル、高評価。高売上。ドライバーになって稼ごうよ。

目次

1.hacobell(ハコベル)って何?アプリ?

2.激安の使用料でいい評判

3.hacobell(ハコベル)を始めたきっかけ

4.hacobell(ハコベル)でいくら稼げるのか

5.ハコベルの案件

6.ハコベルを始めるために

7.ハコベルのメリット

8.ハコベルのデメリット

9.最後に


本文

1.ハコベルって何?アプリ?

こんにちは、ふっきー@フリーランス軽貨物ドライバーです。こないだ梅雨の合間をぬってバーベキュー行ってきました。初めて浦安総合公園行きましたが、いいところですね!その様子はまた後でブログに書きます。

紹介にも書いてますが、ぼくの今の労働所得は「つばめ理容所」という訪問専門理容サービスと、「つばめエクスプレス」というフリーの配送業から得られています。現在収入のメインは、、、つばめエクスプレスです。

フリーランス軽貨物ドライバーを始めてからすぐにお世話になったのが、今回紹介する「ハコベル」[hacobell]です。最近増えている配送シェアリングエコノミーの先駆けです。お客さんはアプリで利用し、ドライバーもアプリで仕事を取れます。印刷のシェアリングエコノミーの先駆けであるラクスル株式会社が運営しています。



2.激安の利用料でいい評判

もし、郵便局でみかん箱(3辺の合計が100cm)1ハコを新宿区から豊島区まで送ったら、1,260円かかります。一気に50ハコ送ったら63,000円もしますが、ハコベルだったら軽バン1台3,888円で利用できますから、1ハコ当たり78円で送れる計算になります。合計重量の制限はありますが、激安ですよね。しかも、当日速達です。

3.ハコベルを始めたきっかけ

2017年の春、練馬区の運送会社で業務委託の仕事を始め出した時から、ハコベルの存在は知っていました。軽貨物の仕事についていろいろ調べつつ、Youtubeのホリエモンチャンネルを見てました。そしたら彼がおすすめのサービスとしてハコベルを紹介していました。それは利用者目線のレビューだったのですが、ドライバーにとっても良いサービスに思えました。

そこで、ハコベルに連絡したのですが、ハコベルとしては、「いろんな案件があるから未経験のドライバーではなく、経験のあるドライバーが望ましい」というお返事をもらいました。それで、練馬区の運送会社でアマゾンの配送を週3日請け負いながら、アマゾンが無い日はハコベルで仕事をするようになったのです。

4.ハコベルでいくら稼げるのか

ハコベルで1日に稼いだ最高額は38,880円です。江東区にて9時から19時までのチャーター便(時間貸切)で企業向け配送を請け負って23,760円、その案件が少し早く終わったので首都高で移動し、調布市にて18時半から21時半まではやりチャーターですが、個人宅配送を請け負って15,984円。移動距離は約200kmでガソリン代は約2,000円かな?自腹の高速料金は700円です。9時から21時半までの業務時間で休憩分1時間半引いて、時給に換算すると、時給3,534円になります。

また、1案件の最高額は30,966円です。厳密には1日ではないんですが、木曜日夜に東京都豊島区で積んで、次の日金曜日の午後イチに山形県山形市で降ろすという案件でした。積んだものは建設機材です。往復ガソリン代3,000円、帰りの高速料金6,620円は自腹ですが、行きの高速料金はお客さんが払ってくれます。木曜日1時間(ぼくは豊島区に住んでて積み地まで近い)、金曜日行き返りと荷下ろし10時間を仕事時間とすると、時給約3,097円となります。が、そこからガソリン代と帰りの高速料金を引くと21,346円で、時給約2,134円となります。

5.ハコベルの案件

ハコベルにはいろんな案件があります。個人の依頼や、企業からの依頼、車で5分くらいの距離や、東京から大阪までの長距離のもあります。あ、引っ越しはないですよ。

いろんな荷物を運びます。ざっとあげると、1個の段ボール、ネジやボルト、お弁当、ピザ、寿司、ポスティング用チラシ、鯛、精密機械、胡蝶蘭、タイル、コンパネ、着ぐるみ、大型テント、もうほんとにいろいろです。

6.ハコベルを始めるために

ハコベルを始めるためには、一般的な軽貨物ドライバーが起業するときに必要とされるものがあれば十分です。でも、いろんな案件があって、ヘルメットや荷締めベルト、保冷バッグなどがあれば請け負える案件の幅が広がると思います。まずは始めてみて、案件を見つつそろえていけばいいかもしれませんね。あ、あと少しの経験かな。ぼくみたいに、教育がしっかりしている運送会社で半年くらいお世話になって始めるのがいいかもしせませんね。

7.ハコベルのメリット

一言でいえば、「赤帽」のネット版なんですが、登録料も月額費もかかりません。仲介手数料が5%引かれるだけです。報酬の振込手数料もハコベルが払います。

定期の仕事の紹介もありますが、ほとんどが臨時の案件ばかりです。ですから定期の案件よりも報酬が高くなります。繁忙期は組み合わせによっては、1日の売り上げが3万円を超えることが珍しくありません。

また、休みたい時に休むことができます。旅行に行きたい時、体調が悪い時、大雪の時など、休みの申請をしなくても、誰にもあやまることなく休むことができます。スケジュールの調整が自分次第なので、ぼくみたいに他の事業をやってる人にとっても魅力的ですよね。土日だけやるという副業にしてもいいかもしれません。

8.ハコベルのデメリット

メリットでも書きましたが、ほとんどが臨時の仕事になります(定期の案件もあります。時給換算2,000円弱)。言わば、”日雇い”です。毎日ちがう報酬、ちがうスケジュール、ちがう道、ちがう積み荷。ナビやスマホが苦手な人、安定を求める人、自分で考えて行動するのがいやな人には、ハコベルは不向きでしょうね。

9.最後に

ぼくはフリーランス軽貨物ドライバーとして1年半ほど稼いでいます。他の配送シェアリングエコノミーのPickGo(ピックゴー)やDIAq(ダイヤク)もやってます。それはまた後の記事で紹介していきますね。

✅リースもある配送シェアリングエコノミー、PickGo(ピックゴー)やってみた。

✅DIAq(ダイヤク)は稼げる?稼げない?現役ドライバーが登録からスタートまで教えます。

フリーランス軽貨物ドライバーはいいですよ!しがらみもなく、休みも取りやすいし。同僚の意味不明な愚痴を聞く必要もありません。自分の好きな車で配送ができます。この働き方に興味のある方はぜひご連絡ください。分かる範囲でお答えします。

もしよろしければ、このブログをブックマークに登録、LINEで友達に紹介、TwitterやFacebookでシェアしてくださいね!他にもYouTubeでも「エブリイジョインde軽配送」というチャンネルで車のテーマ中心に動画出していますので、ご覧ください。